World News Community.com World Top News ワールドトップニュース 世界第一新闻 Главные новости мира World Top Artist wum World Best investment consultant Best free news site sitio de noticias del mundo artista superior del mundo meilleur site d'actualités mondial meilleur artiste mondial мировой новостной сайт лучший мировой исполнитель 世界顶级新闻网站世界顶级艺术家

World Top News for all people Free news share site daily latest world top breaking news site ! 2020 WNC World Top News About 5 mins news free news ranking 世界 トップニュース 速報 まとめ ランキング 世界旅行 世界遺産 世界の城コンプリート World Travel World Heritage World Castle Complete Всемирный замок завершен Voyage Mondial Patrimoine Mondial Château Mondial Complet World Top Artist wum World Best investment consultant Best free news site sitio de noticias del mundo artista superior del mundo meilleur site d'actualités mondial meilleur artiste mondial мировой новостной сайт лучший мировой исполнитель 世界顶级新闻网站世界顶级艺术家 ニュースコミュニティEarth community worldnewscommunity.com

" 2020 2021 2022 About World Top BEST News Site blog World headline News World Breaking News Community 2020 world top news popular blog weather news economy news world stock news New York Dow S&P500 world top journalist best artist world top artist shionz world modern art photo world top photographer most expensive art artist world-union-market.com 世界のトップニュース 速報 ワールドニュースコミュニティ 2020 worldnewscommunity.com Sobre el blog de World Top News Site Titular mundial Noticias Comunidad de noticias de última hora 2020 noticias del tiempo noticias economicas noticias bursátiles mundiales Nueva York Dow S & P500 artista mundial superior shionz foto de arte moderno del mundo fotógrafo mundial artista de arte más caro 关于世界顶级新闻网站博客 世界头条新闻 2020年世界突发新闻社区 天气新闻 经济新闻 世界股票新闻纽约道琼斯S&P500 世界顶尖艺术家shionz世界现代艺术写真 世界顶级摄影师 最昂贵的美术师 À propos de World Top News Site blog Actualité mondiale World Breaking News Community 2020 nouvelles météo nouvelles de l'économie actualités boursières mondiales New York Dow S & P500 meilleur artiste du monde photo d'art moderne du monde shionz meilleur photographe du monde artiste d'art le plus cher О мире Топ Новости Блог сайта Новости мира World Breaking News Community 2020 новости погоды новости экономики мировые фондовые новости Нью-Йорк Dow S & P500 Художник мира Шионц Мир современного искусства фото лучший фотограф мира самый дорогой художественный художник 世界トップニュースサイト ブログ 世界の見出しニュース World Breaking News Community 2020 天気ニュース 経済ニュース 世界株式ニュース ニューヨークダウ S&P500 世界トップアーティスト shionz シオン 世界現代アート 写真 世界トップの写真家 最も高額アート アーティスト 世界旅行 世界遺産 日本の城100 世界の城コンプリート World Travel World Heritage World Castle Complete World top company world top hedge fund invest fund management consultant best company world top brand fashion designer top artist top stock exchange trader top creator most famous best news site best blog news most famous world traveler world invest information stock research world top artist world top photographer most expensive popular photo photographer best photo world photo museum elshion art design office international top actor top actress top model top blogger most famous photo most beautiful photo "
Economic News 経済ニュース General News 総合ニュース Hobby News 趣味 ニュース Internet News インターネットニュース Military news 軍事ニュース News flash 速報 Politic News 政治ニュース Stock FX News 株 為替 ニュース Technology News テクノロジーニュース

【 Mansa Musa Gold マンサ ムーサ 】WNC World Top News free news ranking

【 Mansa Musa Gold マンサ ムーサ 】WNC World Top News free news ranking







Musa I (c. 1280 – c. 1337), or Mansa Musa, was the tenth Mansa (which translates to “sultan”, “conqueror”[2] or “emperor”[3][4][5][6][7]) of the Mali Empire, an Islamic West African state. He has been described as the wealthiest individual of the Middle Ages.

At the time of Musa’s ascension to the throne, Mali in large part consisted of the territory of the former Ghana Empire, which Mali had conquered. The Mali Empire consisted of land that is now part of Mauritania and the modern state of Mali. During his reign, Musa held many titles, such as “Emir of Melle”, “Lord of the Mines of Wangara”, and “Conqueror of Ghanata”.[8]

Musa conquered 24 cities, along with their surrounding districts.[9] During Musa’s reign, Mali may have been the largest producer of gold in the world, and Musa has been considered one of the richest people in history.[10] However, modern commentators such as Time magazine have concluded that there is no accurate way to quantify Musa’s wealth.[11]

Musa is generally referred to as “Mansa Musa” in Western manuscripts and literature. His name also appears as “Kankou Musa”, “Kankan Musa”, and “Kanku Musa”. Other names used for Musa include “Mali-Koy Kankan Musa”, “Gonga Musa”, and “the Lion of Mali”.[12][13] He helped his empire reach tremendous growth thanks to encouraging the arts, literature and architecture[14]

ムーサI(c。1280 – c。1337)、またはマンサムーサは、10番目のマンサ(「スルタン」、「征服者」[2]または「皇帝」[3] [4] [5] [6]に変換されます。 [7])イスラム帝国であるマリ帝国の。彼は中世の最も裕福な個人として説明されています。

ムーサが即位したとき、マリの大部分はマリが征服した旧ガーナ帝国の領土でした。マリ帝国は、現在モーリタニアの一部である土地とマリの近代国家で構成されていました。ムーサはその治世中に、「エミールのエミール」、「ワンガラの鉱山の主」、「ガナタの征服者」など、多くの称号を手にしました。[8]

ムーサは周囲の地区とともに24の都市を征服した。ムーサの統治時代、マリは世界で最大の金の生産者であった可能性があり、ムーサは歴史上最も裕福な人々の1人と考えられてきました。[10]しかし、タイム誌などの最新の解説者は、ムーサの富を正確に定量化する方法はないと結論付けています[11]。

ムーサは西洋の写本や文学では一般的に「マンサムーサ」と呼ばれています。彼の名前はまた、「感動ムーサ」、「感完ムーサ」、「感動ムーサ」と表示されます。ムーサに使用される他の名前には、「マリコイカンカンムーサ」、「ゴンガムーサ」、「マリのライオン」などがあります。[12] [13]彼は芸術、文学、建築を奨励することにより、彼の帝国が途方もない成長を遂げるのを助けました[14]。

マンサムーサメッカに向かう途中でティンブクトゥガオの都市を旅し、1325年頃に戻ったときにそれらを帝国の一部にしたことが記録されています。彼はスペインの地域であるアンダルシアとカイロから建築家を招き、ティンブクトゥの壮大な宮殿と、現在も残っている素晴らしいジンゲレベルモスク[29]

ティンブクトゥはすぐに貿易、文化、イスラム教の中心地となりました。市場はハウサランド、エジプト、その他のアフリカの王国からの商人をもたらし、大学は都市(およびマリの都市ジェンネセグー)に設立され、イスラムは市場と大学に広がり、ティンブクトゥを新しい地域にしましたイスラム奨学金。[30]マリ帝国の富の都市のニュースは、地中海を越えて南ヨーロッパまで旅し、ヴェネツィアグラナダジェノアの貿易業者がすぐにマップにTimbuktuを追加して、製造品を金と交換しました。[31]

Sankoreの大学トンブクトゥでは、法学者、天文学者、および数学でムーサの統治下restaffedました。[32]大学は学習と文化の中心地となり、イスラム教徒の学者をアフリカや中近東からティンブクトゥに引き寄せた。

1330年、モシ王国がティンブクトゥ市に侵入し、征服しました。ガオはすでにムーサの将軍に捕らえられており、ムーサはすぐにティンブクトゥを取り戻し、城壁と石造りの砦を作り、都市を将来の侵略者から守るために立っている軍隊を配置しました。[33]

ムーサの宮殿はその後姿を消しましたが、大学とモスクは今日でもティンブクトゥにあります。

マンサムーサの統治の終わりまでに、サンコレ大学は、アレクサンドリア図書館以来、アフリカで最大の本のコレクションを備えた、完全に配置された大学へと転換されました。サンコレ大学は25,000人の学生を収容することができ、約100万の写本を収めた世界最大の図書館の1つでした。[34] [35]

マンサ・ムーサの死亡日は、マリの歴史を記録した現代の歴史家やアラブの学者の間で非常に議論されています。後継者の統治である息子のマンサマガン(1337年から1341年に記録されたルール)と兄のマンサスレイマン(1341年から1360年に記録されたルール)、およびムーサの25年の記録されたルールと比較すると、死亡の計算日は1337年です。[36]他の記録によると、ムーサは息子のマガンに王位を譲ることを計画していたが、1325年にメッカから戻った直後に亡くなった。[25]イブンカルダンによる記録によると、マンサムーサはトレムセンの街で生きていた1337年、アルジェリアで征服されました。彼は、征服者の勝利を祝うためにアルジェリアに代表を送りました。[36] [13]





#news #world news #market #internet #politic #economy #stock #FX #trading #information #culture #movie #image #entertainment #fashion #game #sport #cinema #car #computer #phone #how to #TV #weather #fashion #art #environment #dog #cat #sport #designer #medical #study #university #language #student #job #work #world travel #castle #sakura #europe castle #gourmet #train #airplane



World Top News
World News Community 2020
ワールドニュースコミュニティ 2020
worldnewscommunity.com

powered by google.com
powered by wikipedia.org
powered by youtube.com
powered by RSS news



Let’s donate for earth community citizen congress for all people from all over the world ! EC Congress


Earth Community charity fund for all people, all country
EC seeking new member for our EC congress
World top invest consultant World Investment Fund

『21 century best strategy of international war and business』
World Top Artist Top Photographer global office
world best modern art auction market
world-union-market.com

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

https://worldnewscommunity.com/